ホーム > ネット > ぼんやりした思い

ぼんやりした思い

現実にコンピュータの前に座り絶えず変化している為替レートを目を向けていると何やらトレードをせずにはいられなくなるという抑えようのない気持ちが生じる方も多かったりします。

 

しかしながら、ぼんやりした思いで売買するのは、絶対にしてはいけません。

 

確かに、外国為替市場は24時間、常にいずれかの国の外国為替相場はオープンしているし市場も動いています。

 

とは言っても、何回も取引を積んでいくとその分損をする危険性が上がってしまいます。

 

もちろん、売買の回数を重ねることによって、少しずつ利益を上げられる可能性が五分五分になります。

 

けれどもその事は「明確でないアイデアで取引」してしまうこととは話が異なります。

 

注文回数を積み重ねる意味というのは自分自身が「ここで勝負」と思いついた自信を持った場面での取引回数を積み重ねるという意味である。

 

ただ何となく、ひっきりなしにエントリーを重ねるのとは明確に違います。

 

FXの駆け引きに臨むには、自ずから緩急をつけることが肝心です。

 

「ここは!」と考えた市場の時には、覚悟を決めて持っているポジションを買い増して、意識して儲けを求めます。

 

「少し難解なマーケットで、どうなるか読めないな」と思ったならば思い切って所有ポジションをひとつ残らず見切りをつけて何もせず静観します。

 

それぐらいのメリハリがあったほうか最後にトレードはうまくいきます。

 

マーケットの格言には「休むも相場」というものがあります。

 

実にその通りです。


関連記事

  1. エステの驚きのお値段のこと

    エステの脱毛プランがあちこちで宣伝される時期となりました。通う回数がお得になるチ...

  2. 無駄毛処理で気になること

    無駄毛処理を始めたのは、だいたい十代中ごろの人が多いと思います。半袖になる時期に...

  3. 外貨の推移

    やっと開始する時という場合ではまずは事前調査を横着してはいけません。 &nbsp...

  4. ぼんやりした思い

    現実にコンピュータの前に座り絶えず変化している為替レートを目を向けていると何やら...

  5. 金銭的にやり直す

    民事再生は住宅ローンがある多重債務に苦しんでいる人々のために住んでいるマンション...